印刷の営業力 気付きで「勝てる」仕事術
(ISBN4-88884-167-5)
著編者 達林 哲
定 価 本体1,905円+税
サイズ B6
ページ 210

内容
 第一線の先輩から学ぶ《営業活動》のエッセンス!
 ・落ち込んだ時に、ちょっと手にすれば、萎えた気持ちを鼓舞してもらえる。
 ・読んで元気を取り戻し、また、明日からの仕事に一生懸命に取り組もう。
 ・失敗も成功への糧だ。気配りで受注を獲得する「ツボ」を身に付けよう。
 ・これが一人前の条件。好かれ頼られる人になる「コツ」を教えてくれる。


■目次

 はじめに

 第一章 失敗してこそ大きく育つ

  1・一流ほど多くの失敗が‥‥
  2・初めての大仕事で大きなミス
  3・怖い数字の見落とし見逃し
  4・色ムラを十五万枚も出した
  5・叱責の電話を受けて飛び出す
  6・怒る部長の前で即決処理   
  7・アナログのミス、デジタルのミス
  8・いい店頭ツール、悪い店頭ツール
  
 第二章 ベテランはここが違う

  1・小さなクレームを甘くみるな
  2・仕事の流れをイメージする
  3・発注者はどこを見ているか?
  4・ベテランは詰めで差をつける
  5・値切り対策にはビデオが有効
  6・要注意! 納入時の目配り
  7・対面と電話は営業の醍醐味

 第三章 仕事を取るにはツボがある

  1・入り込む隙は必ずある!
  2・飛び込みは時代遅れか?
  3・大手営業マンの飛び込み経験
  4・人間ウォッチングは営業の基本
  5・会えれば、こっちのもの!
  6・ズバリ、新規開拓のポイント
  7・攻め方が違う購買部と宣伝部
  8・大胆なクライアント攻略法
  9・自社の経営面に気配りする
   ・一円の差で勝つという現実も

 第四章 小さな入り口を見逃すな

  1・馬鹿にできない細かい仕事
  2・コピー仕事が大仕事への扉に
  3・地味な財団に予算が下りて
  4・他社の失敗でオウンゴール

 第五章 情報をつかめば、やりやすい
 
  1・これだけはチェック、基本情報
  2・自分だけしか知らないこと
  3・動きがつかめる展示会場
  4・展示会を新規獲得の場に
  5・顧客の社内情報をキャッチせよ

 第六章 クライアントに好かれたい

  1・顧客から望まれる営業マン
  2・外見にキビシイ女性担当者
  3・理想的な営業マンなどいない
  4・話し下手でも、やっていける
  5・信頼でデザイナーと付き合う
  6・営業マンにある「旬」の季節
  7・スポーツで仲間になれる
  8・ときどき話を飛ばす敏腕部長
  9・一社独占できる不思議な魅力
   ・早口で訥弁、腰の低さは人一倍

 第七章 社内から頼られる人になる

  1・部下は上司を選べない
  2・尊敬できた二人の「師匠」
  3・意に沿わない部署でも厭わない
  4・現場との関係も変えられる
  5・離れた工場とコミュニケーション
  6・現場が求める営業マン像

 第八章 「いざ」というときの接待

  1・酒が飲める、飲めない
  2・奥の手はもう通用しない?
  3・接待は危機管理の一手段
  4・ノウハウを上手に身につける
  5・日頃の細やかな気遣いで

 第九章 IT時代を生き抜く作戦

  1・新しい印刷業へ模索する
  2・提案しないと、もらえない
  3・クライアントと同じ目線で
  4・IT社会の営業に切り込む気概
  5・グッドデザインにノミネート
  6・基本は「印刷」を堅持する
  7・酸いも甘いも噛み分けて
  8・メーリングリストで意思疎通
  9・急務のセグメントシステム
   ・将来を支える主役になろう
 
 執筆を終えて

(2006年12月発行)