現場管理で利益をあげる印刷工場
(ISBN4-88884-117-9)
著編者 竹内秀朗
定 価 本体2,800円+税
サイズ A5
ページ 232

内容
 印刷会社の工場管理は、その特殊性から難しいといわれ、他産業と比べて も遅れている。したがって新しい技術を応用した、近代的な工場管理方式の構築が必要になっている。
 しかし、このような印刷業界での工場に関する資料は少なく、また体系化されたものは皆無といってよい状態である。
 このような背景から、今後取るべき印刷会社の工場管理方式をまとめた。


目次 (PDF)
 はじめに(PDF)
 1 印刷工場の管理はなぜ難しい?
 2 拡印刷−印刷技術が創る新しい分野
 3 生産管理−生産のトータルコーディネータの役割
 4 品質管理−クレームの発生をどこまで減らせるか
 5 外注管理−製品の責任は委託元にある
 6 労務管理−働きやすい環境をつくるには
 7 資材管理−品質を左右する案外重要な管理
 8 設備の保守管理−重要なのにおろそかにされている管理項目
 9 能率管理−時間当たり生産量を増やすために (PDF)
 10 安全衛生管理−基本は人間性の尊重
 11 収益管理−全社員が利益の確保をめざすことが大切
 12 急激な変化の時代にあって
 参考文献

(2002年3月発行)