2016年02月02日

デジタルハンドブック

デジタルハンドブック

日本印刷技術協会(JAGAT)は、page2016展の開催にあわせて『デジタルハンドブック いま知りたい30のキーワードと10の事例』を発刊し、2月3日からpage会場で先行販売する。

 
本書は、デジタルが生活の一部となったビジネスにおいて、メディア業界、特に今まで紙メディアで働いてきた人たちにとって有益な情報を提供する。日ごろの業務で役立つデジタル関連の30のキーワードと10の事例、さらにデジタル基礎用語集をまとめた。また、インタビューとコラムには、もう少し長い目で必要と考えられる情報を掲載した。これらは、デジタル業界のみならずメディア業界にとって知っておきたい事柄ばかり。本書に掲載されているデジタル基礎用語を理解した上で、デジタルの共通言語で会話をすることから、新しいアイデアや企画が生まれる。

 
〈概要〉
▽体裁=A5判オールカラー140ページ▽価格=本体2000円+税▽企画・編集・発行=日本印刷技術協会▽制作協力=(株)ハースト婦人画報社▽執筆者=藤代裕之(法政大学社会学部准教授・ジャーナリスト)/小林啓倫(経営コンサルタント)
〈コンテンツ〉
▽30のキーワード解説‥知っているようで意外と知らない!? デジタル用語の基礎知識▽10の事例紹介‥企画力が高まる!デジタル活用事例▽コラム▽インタビュー▽その他

 

 

デジタルハンドブック いま知りたい30のキーワードと10の事例
 

 

PAGE TOP