2016年02月02日

稲木歳明日印産連会長

稲木歳明日印産連会長

日本印刷産業連合会とする「第67回全国カレンダー展」(フジサンケイビジネスアイ共催)ならびに「第57回全国カタログ展」の合同表彰式が、1月13日午後3時から東京・品川のゲートシティ大崎地下1階「ゲートシティホール」で開かれた。

 

 

主催者あいさつで、稲木歳明日印産連会長は要旨次のとおり述べた。
「本年より、全国カレンダー展と全国カタログ展をゲートシティ大崎で開催することにより両展の入賞作品を一堂に展示できるようになり、来場者の利便性が向上するものと期待している。
全国カレンダー展は今回で67回目。世界各地には様々な暦文化があり、暦を目で見えるかたちで表現するカレンダーは日常生活に結びついて発展を遂げてきた。とくに日本では四季を表現することが多く、日常生活に花を添えるものとして役割を果たしてきた。
一方、全国カタログ展は57回目の開催となる。カタログは言うまでもなく、商品やサービスのPRに欠かせない強力な媒体として皆様の表現技術が磨かれ進化し続けてきた。審査会の総評で浅葉審査員長が最後に残るのはデジタルではなく紙であるといわれたそうだが、カタログはまさにデジタルとは異なり、紙の質感、訴求効果を存分に発揮できる媒体だと思っている。こうした身近な媒体を見つめ直して表彰する両展は回を重ねることで情報伝達や文化の向上に大きな役割を果たしてきたものと自負している。
受賞作品はいずれも力作ばかりで、受賞者のご努力に対し深く敬意を表したい。今後とも一層のご研鑽を重ねられさらに素晴らしい制作されることを期待している」

 
来賓祝辞では、高橋淳子経済産業省商務情報政策局文化情報関連産業課課長補佐が「今回の受賞作を見ると、印刷技術の進展やそれに伴う新たな表現手法など企画、デザイン、創造性の高さ、デザインと実用性の調和、仕上がりの美しさや表現力の高さに強い印象を受けた。カレンダーとカタログは印刷産業の発信メディアとして大きな役割を果たしている。商業印刷に関わる印刷会社の皆様にもこれから印刷技術の向上を通じて一般社会の生活をより豊かなものにしていただけることを期待している」
 
浅葉克己審査委員長による審査講評ののち、賞状の授与に入り、部門賞、特別賞、上位賞の順番で受賞者に賞状と記念品が贈られた。
 
表彰式終了後、別室で懇親パーティーが開かれた。
 

「経済産業大臣賞」受賞者。左端は高橋課長補佐

「経済産業大臣賞」受賞者。左端は高橋課長補佐

「文部科学大臣賞」受賞者。左端は岩岡正哲日印産連広報委員長

「文部科学大臣賞」受賞者。左端は岩岡正哲日印産連広報委員長


 
第67回全国カレンダー展および第57回全国カタログ展の「経済産業大臣賞」「文部科学大臣賞」受賞者は次の通り。

 
■第67回全国カレンダー展
〈経済産業大臣賞〉
▽第1部門(一般企業カレンダー、印刷会社自社用カレンダー)作品名=HAKARU/発行者名=(株)タツノ/出品者名=図書印刷(株)
▽第2部門(販売促進カレンダー) 作品名=ダイキンお天気カレンダーAIR‐空気の楽園‐/発行者名=ダイキン工業(株)/出品者名=大日本印刷(株)
▽第3部門(販売用および既製カレンダー) 作品名=エグゼクティブ玉カレンダー(金)/発行者名=(株)創日社/出品者名=凸版印刷(株)
〈文部科学大臣賞〉
▽第1部門 作品名=光悦のかな「金銀泥下絵色紙帖」より/発行者名=(株)モリサワ/出品者名=凸版印刷(株)
▽第2部門 作品名=ハンス・クリスチャン・アンデルセンの生涯と筆跡カレンダー/発行者名=ミサワホーム(株)/出品者名=大日本印刷(株)
▽第3部門 作品名=VIEW FROM THE COCKPIT/発行者名=全日空商事(株)/出品者名=凸版印刷(株)

 
■第57回全国カタログ展
〈経済産業大臣賞〉
▽第1部門(図録)作品名=The Art of Bamboo 餘香 王伝峰 挿花芸術/発行者名=(株)講談社エディトリアル/出品者名=(株)山田写真製版所
▽第2部門(その他) 作品名=花椿(10冊組)/発行者名=(株)資生堂企画文化部/出品者名=共同印刷(株)
〈文部科学大臣賞〉
▽第1部門 作品名=志村ふくみ つむぎおり/発行者名=(株)求龍堂/出品者名=光村印刷(株)
▽第2部門 作品名=凸版文久体見本帖/発行者名=凸版印刷(株)/出品者名=凸版印刷(株)

 
 

PAGE TOP