2016年01月29日

RMGT 7「790ST-5」

RMGT 7「790ST-5」

リョービMHIグラフィックテクノロジー㈱(本社・広島県府中市、一政譲社長)は、菊半截寸延びオフセット印刷機「RMGT6」とB2判オフセット印刷機「RMGT7」に、菊全判機で定評があったメンテナンスモードを搭載した。

これにより、印刷機の安定稼動に必要となるメンテナンス時間が削減でき、かつ安定性と生産性の向上を図ることができる。

 

今回の開発は、旧三菱重工機(菊全判機)で開発・搭載していたメンテナンスモードを、旧リョービ機(菊半截寸延び/B2判)に搭載したもの。

メンテナンスモードではニップ幅を簡単に印刷で確認できるローラーニップ確認機能を搭載し、対版ニップの確認作業を容易にしている。

さらに、ニップ確認位置やグリスアップ位置の頭出しをワンタッチで行え、メンテナンス作業の省力化と機械停止時間の削減を実現している。

 

また、オペレーションスタンドの外観デザインの変更とともに、操作画面のデザインも刷新し、いっそう使いやすいオペレーション環境を実現している。

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP