2016年01月29日

GMGジャパン㈱はpage2016で、先進テクノロジー、最新OS、最新プリンタに対応したインクジェットプルーフソリューションを紹介する。

ブースはB-31。

 

同社の出展の主な見どころは次のとおり。
▽ColorProof5.7.1、DotProof5.7.1、DotProof-XG5.7.1
エプソン製SC-PシリーズにColorProofで連続調、DotProof、DotProof-XGで網点再現にいち早く対応。

V5.7.1ではRIP機能にAPPEバージョン3.8を採用。

PDFワークフローへの高い適合性はもちろん、ポストスクリプト、EPSの出力にも対応する。

ブースでは、OPENColor2.0との連携を深めたColorProof5.7.1、DotProof5.7.1、ProofControl2.1などを、出力サンプルを交えて紹介する。

 

▽GMG ColorServer Suite4.10
異なる印刷方式、異なるメーカーの製品が混在する生産現場で出力する色を管理するのに適したツール。

ブースでは、これらの異機種間のサンプルを比較展示、プロファイルの作成方法、運用事例などを紹介する。

 

▽GMG OpenColor2.0
スポットカラーオーバープリントの正確なシミュレーションを簡単に実現するもの。

ブースでは、1ジョブ1プロファイルのコンセプトを進化させたOpenColor2.0のカスタムDBの作り方やPantoneDBを利用し、OpenColorとColorProofの組み合わせで、グラビア制作工程の省力化を目指し、問題解決を図りつつ拡販につながるプロモーションをする。

 

技術・製品 page2016-関連の記事

PAGE TOP