2016年01月26日

西貝理事長

西貝理事長

静岡県印刷工業組合(西貝誠一理事長)は、1月15日午後5時から、静岡市のクーポール会館で平成28年賀詞交歓会を開き、来賓、関連業者、組合員が一堂に集い、交流を深めた。
賀詞交歓会は、塩坂愼悟監事の司会、篠原弘副理事長の開会の辞で始まった。
主催者を代表し西貝理事長が新年の抱負を語った。同理事長はその中で、最近の組合の事業活動について、次のように述べた。
「静岡県印工組では、各種の事業に取り組んでいるが、やはり中心となるのは、MUD(メディア・ユニバーサルデザイン)事業である。昨年はセミナーを3回開催し、コンテストを行った。その中の優秀作品を全国のMUDコンペティションに応募したところ、何点か入賞した。とくに学生部門では、ここ数年続いていることであるが、経済産業大臣賞を受賞することができた。また、この2月にはMUD教育検定が初めて実施されることになった。
なお当工組は、昨年11月に開かれた静岡県中央会の創立60周年記念式典で、長年にわたって取り組んでいるMUD事業が評価され表彰された。これらを励みにして、ことしもがんばっていきたい」
来賓の木野雅弘静岡県経済産業部商工業局地域産業課課長、吉岡和樹同主事、田中秀幸静岡県中小企業団体中央会指導部長からは、組合のより一層の発展を願う祝辞が寄せられた。
このあと鈴木静一副理事長の音頭で乾杯し開宴した。

 

 

PAGE TOP