2016年01月21日

日本アグフア・ゲバルト㈱(本社・東京都品川区、松石浩行社長)は2月3日から、印刷会社のIT化・自動化を推進するプリプレスワークフローソリューションとクラウド技術を融合した「アポジークラウド」の販売を開始する。

 

「アポジークラウド」は、「アポジースイート」を構成する4つのプロダクションワークフローソリューション(プリプレス、ポータル、ストアフロント、カラー)をクラウド環境で構築することでさまざまなコスト削減や効率化が可能になる、最新のクラウドベースソリューション。

従来のワークフロー構築には専用サーバー導入など初期投資や管理費用が大きくかかり印刷会社の負担になっていたが、「アポジークラウド」ではクラウド技術を利用することにより初期投資を抑え、ワーフクローを一元管理することによる効率アップも図ることができる。

バージョンアップの際もハードウエアの更新をする必要がなくなり、最新のソフトを計画的に利用できるようになる。

 

また、日本国内にクラウドセンターを構築して安定したサポート体制を整えており、24時間/365日の運用を前提としたサポートが提供される。

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP