2016年01月19日

北島社長

北島社長

今年、DNPは創業140周年を迎える。
DNPは、戦後の混乱期に、生き残りをかけて事業領域を広げることができたが、今また、あの時代に匹敵するような変化の時代の中にいる。そうした時代に、DNPがさらに発展していくためには、自らが進んで変革に取り組んでいく必要がある。
その意味を込めて、昨年10月には、従来のビジョンを進化させ、「DNPグループビジョン2015」を始動させた。
その中で『企業理念』として、「DNPグループは、人と社会をつなぎ、新しい価値を提供する。」ことを表明し、『事業ビジョン』として、新たに「P&Iイノベーション」を掲げ、「4つの成長領域を軸に事業を拡げていく」ことを謳った。「知とコミュニケーション」「食とヘルスケア」「住まいとモビリティ」「環境とエネルギー」の4つの領域で、グループの全員が事業の成長に向けて取り組んでいく。
また『行動指針』に示した「対話と協働」により、各分野のプロフェッショナルである社員同士が「対話」を深め、能動的に「協働」することで、新しい価値をつくり出していく。
新しい年を迎え、あらためてDNPの一人ひとりが、「DNPグループビジョン2015」で示した取り組みを進めることで、生活者や社会に対して、新しい価値を提供していくことができると確信している。

 

 

企業-関連の記事

PAGE TOP