2016年01月08日

新製品のプレススタッカー「PST-66」を折機と接続して展示

新製品のプレススタッカー「PST-66」を折機と接続して展示

㈱ホリゾン東テクノ(本社・東京都江戸川区、佐野作兵衛社長)は1月8・9日の両日、同社ショールームで「2016ホリゾン新春展」を開催している。

 

今回のイベントでは、新製品となるプレススタッカー「PST-66」を、菊全判クロス紙折機「AF-762KLS」と接続して披露。

「PST-66」は貼り付き防止の特殊加工を施したプレスローラを採用したモデルで、薄紙の折丁でも強力にプレスすることができる。

用紙幅は660㍉まで対応し、菊全紙の多丁掛けを可能としている。

 

CABS6000

CABS6000

 

 

 

毎時6000冊の高速無線綴じライン「CABS6000(SB-17+MG-600)」やペラ丁合鞍掛け中綴じ製本システム「StitchLiner5500」をはじめとした製本機群、折機、断裁機、ミシン機、筋入れ機、ロータリーダイカッターなど、多数の最新ポストプレス機器を展示・実演し、後加工工程のトータルシステムを紹介している。

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP