2016年01月05日

スクリーン印刷の新機種や新技術を紹介した

スクリーン印刷の新機種や新技術を紹介した

KOMORIグループのPE・精密機器事業を担う(株)セリアコーポレーション(東京都北区)は、2015年12月9・10の両日、東京・大田区産業プラザでスクリーン印刷技術の内覧会「第1回2015 EXPO SERIA EAST」を開いた。それに先立ち11月には、岐阜県の(株)セリアエンジニアリング各務原工場で、「第7回2015EXPO SERIA WEST」を開催し、いずれも盛況だった。

 
これまでSERIAグループの内覧会は、毎年秋に各務原工場で開いていたが、今年度は、東日本エリアの顧客のアクセスを考慮し東西での開催となった。WEST、EAST合わせて約750人が来場した。

 
東京の内覧会では、新型RtoRスクリーン印刷機、縦型両面スクリーン印刷機などの新機種や新技術を展示し、グラビアオフセットプロセスの課題解決も提案。また各種消耗資材・機材など実績のあるものに加え、KOMORIサービス技術本部から省エネルギー製品や除電イオン発生器なども新たに展示した。セミナーでは講師を招いて基調講演、個別プレゼンテーションを行った。
 
 

SERIA PE Technology Center新設

 
なお11月の「EXPO SERIA WEST」開催の前日には、各務原工場に新生SERIAの象徴ともいえる「SERIA PE Technology Center」を新設し、竣工式を行った。

 
この「SERIA PE Technology Center」は、印刷試験室をクリーンルーム化したデモンストレーションルームを兼ねた技術開発センターである。
SERIAは、今後も、新たな製品開発や、難易度の高い技術の確立、課題解決の場として、「SERIA PETechnology Center」を活用し、顧客ならびに関連する資機材メーカーとともに新たなPE技術を確立し、顧客の課題解決に寄与したいとしている。

 

 

イベント 企業-関連の記事

PAGE TOP