2015年12月25日

HP社とKBA社は12月2・3日の両日、独・ヴュルツブルクのKBA本社で、2・8㍍(110インチ)幅の超大型インクジェット輪転印刷機「HP PageWide Web Press T1100S」の共同発表を行った。

 

「HP PageWide Web Press T1100S」は、HP社とKBA社のデジタル&ウェブソリューションズ部門が共同開発した段ボールパッケージ市場向けの製品で、その超広幅化と毎分183㍍(600フィート)の最高印刷速度により毎時3万600平方㍍(33万平方フィート)にのぼる圧倒的な生産性を誇る。

 

インクジェット印字前に印刷する基材へのプライマー塗布とインクの組み合わせによるプライミング手法の強化により、80~400㌘/平方㍍の標準的な非コートおよびコートのライナーにオフセット印刷に迫る印字を行え、高コスト効率や多用途性、生産性に加え、高い彩度と濃度ならびに鮮明な文字出力を実現している。

HP PageWide Web Press T1100S

「HP PageWide Web Press T1100S」

 

 

さらに「HP PageWide Web Press T1100S」は、付け合わせによって複数ジョブを一括生産する「HPマルチレーン印刷アーキテクチャ(MLPA)」という新機能を搭載。

印刷する巻取紙を高速道路の車線のように複数の印刷レーンに分け、印刷サイズやロットの大きさが異なる複数のジョブを隣り合わせで同時に印刷することができる。

異なる複数のジョブを同時に処理できるので、サイズやロットの大小を効率的に組み合わせることでジョブ間の印刷機停止時間を抑えることができる。

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP