2015年12月02日

PaperLab

PaperLab

セイコーエプソン㈱(本社・長野県諏訪市、碓井稔社長)は、使用済みの紙を原料として新しい紙を生産できる小型のオフィス製紙機「PaperLab」を開発した。商品化は平成28年中の予定。

 

「PaperLab」は、使用済みの紙を投入して再生開始ボタンを押すと、約3分で1枚目の新しい紙ができあがるオフィス製紙機。

A4用紙で毎分約14枚の生産速度で、8時間稼働で6720枚の紙を生み出すことができる。

再生原料として使用できる紙はA4/A3の一般コピー用紙で、そこから紙厚の異なるA4/A3のオフィス用紙や名刺用紙、色紙(C・M・Yおよびこれらを調合した色)や香り付きの紙などに再生することができる。

また、紙を再生するにあたって紙繊維にまで分解するので、機密文書・情報であっても完全に抹消することができる。

 

碓井社長

碓井社長

同社の碓井社長は「限りある資源である紙をこれからも安心して使える環境について考え、平成23年からこの製品の開発を進めてきた。印刷文化を支え、発展させ、紙によるコミュニケーションを次世代に受け継いでいくために、使用した紙資源から新しい価値を生み出す“スマートサイクル事業”を立ち上げる」と製品開発の狙いを表した。

 

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP