2015年11月26日

心理的ステージ

コミュニケーションを4つのステージに分解

 

トッパン・フォームズ㈱は、科学的な調査に基づいた“根拠(エビデンス)”により、クリエイティブ面から生活者に対するコミュニケーション施策の効果を最大化する新たなソリューション「フォームズクリエビ」を開発した。

 

 

 

 

「フォームズクリエビ」とは、デザイナーの知識や経験に則ったデザイン設計に加え、視線計測、ニューロマーケティング、ユニバーサルデザインなどのさまざまな科学的な調査・研究の結果を体系化した定性的・定量的な“根拠(エビデンス)”を、企業から発信するコミュニケーションツールのクリエイティブ開発に反映させ、より効果的なコミュニケーション施策を実現するトッパンフォームズ独自のクリエイティブソリューション。

 

3つのソリューション

3つのソリューションで連携

同社では、クリエイティブソリューション「フォームズクリエビ」と、生活者調査・分析ソリューション「LABOLIS(ラボリス)」や、具体的な戦略立案・戦術支援を担うダイレクトマーケティング・ソリューション「Ugocus(ウゴカス)」との連携を図り、効果的なコミュニケーション施作の開発に貢献していく。

 

企業-関連の記事

PAGE TOP