2015年11月25日

003

プロモーションに携わる多くの関係者が来場

2015年度日本プロモーショナル・マーケティング協会展贈賞式が11月24日、東京・大手町の大手町サンケイプラザで開催された。第45回日本プロモーショナル・マーケティング協会展で展示した作品のなかから、経済産業大臣賞の「母の日ブーケサラダ(広告主=キユーピー㈱、GPAアォード)」、審査委員特別賞の「ビストロえりまきPOP(広告主=パナソニック㈱、JPMクリエイティブ・ソリューション・アォード)」ほか、4つのコンテストの金賞・銀賞を対象に贈賞を行なった。主催は日本プロモーショナル・マーケティング協会(JPM、松原靖弘理事長)。

 

 

 

 

 

対象となった4つのコンテストは、買い場展開ツール(POP広告)の「JPMクリエイティブ・ソリューション・アォード」、プロモーション企画の「JPMプランニング・ソリューション・アォード」、課題商品と与件に沿ってPOP広告を制作する「第16回買い場展開ツールデザイン・コンペティション(」、そして昨年度より新たにスタートした、効果的・社会価値性・遵法性を高める周到なプロセスマネジメントを評価する「GPAアォード」となる。

 

014

賞状が贈られた(右はキユーピーの田川部長)

経済産業大臣賞/母の日ブーケサラダ 講評

ドレッシング売り場を起点に「母の日に〝ブーケサラダ〟をプレゼント!」の新提案で、全点水平展開を狙った「売り場作り施策」。この楽しくユニークなアイデア実現のために、売り場調査、消費者調査に始まり、製作過程では、多面的な食品衛生基準をクリアするため、素材、インク、印刷、表面化工等々の工夫やテストを繰り返し、最終の消費版に至る盛り付けまでの周到性を極めた「プロセス管理能力」が高く評価された。

PAGE TOP