2015年11月23日

木野瀬理事長

木野瀬理事長

今年、創立60周年を迎えた愛知県印刷工業組合(木野瀬吉孝理事長)は、「『想い』を伝えて六十年~印刷のその先へ」をキャッチフレーズに、平成28年1月13日、名古屋市中区の名古屋東急ホテルで創立60周年記念事業を挙行する。当日は記念講演会、記念式典、記念祝賀会(新年互礼会)の3部構成で、60年を機に、多くの業界人と「印刷のその先」について語り合う。さらに、60周年記念前夜祭として12日には名古屋而立会の企画による記念講演会も実施するなど盛り沢山の内容となっている。

 
創立60周年記念事業の実施にあたって木野瀬理事長は要旨次のように抱負を述べている。
「当組合は本年創立60周年を迎えた。多くの先人たちが脈々と築き上げた印刷業界は、今もなお新しい卵が孵化しようと待ち構えている。60年前には予想もしなかったクロスメディアによる発信力やブランディング戦略、そしてCSRをとおした取り組みは、さらに業界をパワーアップした新たな命となって生れ出ようとしている。60周年を機に、多くの業界人の皆様と『印刷のその先』について語り合いたい」

創立60周年記念事業は、名古屋東急ホテル3階「バロックの間」で午後1時から開場、1時30分から記念講演会、3時30分から記念式典、5時から会場を3階「ヴェルサイユの間」に移動して記念祝賀会(新年互礼会)の3部構成。
記念講演会では、ビジネス情報紙「Bplatz(ビープラッツ)」の編集長の山野千枝氏が「~女編集長が地域を変えた~ものづくり企業再生プロジェクト『ゲンバ男子』」の演題で講演する。
記念祝賀会は新年互礼会を兼ねて行い、関係機関、関連業界の人たちとともに60年の歩みを祝い、今後の60年の展望について語り合う。あわせて、平成28年の新春を寿ぎ、輝かしい門出とする。

 

 

PAGE TOP