2015年11月28日

エコプロダクツ2015が12月10日から3日間、東京ビッグサイトで開かれる。今回のテーマは「わたしが選ぶクールな未来」。人と自然と地球にやさしい、最先端の環境製品・サービスを体感できる“参加体験型”環境イベントとしてすっかり定着した。
▼地球環境問題に対しては、各国でさまざまな活動が行われている。国連の中核機関としては、1972年に設立された「国連環境計画(UNEP=ユネップ)」がある。11月17日には日本UNEP協会が「日本UNEPフォーラム2015」を催し、9月に国連で採択された2030年の持続可能な開発目標(SDGs)への理解を図った。

▼UNEPの機関誌が「Our Planet」。持続可能な開発について考え、毎号特定のテーマに沿って、国際会議やイベント、直面している問題などを扱う。国際的な開発と活動について報告するとともに、現時点での見解や解決策、重要点を討議してきた。

▼日本語版は地球友の会が翻訳、刊行している。FSC認証紙、植物油インキを使ってISO14001認証工場で「水なし印刷」で印刷していること、省資源化に繋がるCTPにより製版していることを明示。さらに「この冊子を作成した際に関わったCO2排出量を削減するため、2トンの排出権(J-VER)をEVIを通して購入・オフセットし、日本の森と水を守ります」と記し、印刷媒体の環境対応を広く一般にアピールしている。

(歩)

 

PAGE TOP