2015年11月13日

㈱ホリゾン東テクノ(本社・東京都江戸川区、佐野作兵衛社長)は11月26・27日の両日、同社ショールームで「ホリゾン歳末フェア」と銘打った個展を開く。

今年9月に東京ビッグサイトで開催されたIGAS2015に来場できなかった人やゆっくりとブース内を見ることができなかった人に向け、同社製品の最新事情を紹介する。

 

主な出展製品は次のとおり。

▽「CABS6000」

丁合から三方断裁までのインラインで、毎時6000冊の高速生産を実現する17クランプの無線綴じライン。

高精度で素早いセット替えとタッチパネルでの直感的でやさしい操作により、少量生産から大量生産まで幅広いニーズに対応する。

 

▽「StitchLiner5500」

ペラ丁合、筋入れ、折り、鞍掛け中綴じ、三方断裁機をシステム化した鞍掛け中綴じ製本システム。

タッチパネルディスプレイに用紙サイズを入力するだけで各部を自動セット。

最高処理速度は毎時5500冊で、用紙を折ってから中綴じするためタイトな折りの中綴じもできる。

 

▽「AFC-566FKT」

大型カラータッチパネルディスプレイに折り形と用紙サイズを入力するだけで自動セットされる四六半裁全自動紙折機。

発泡ウレタンローラーの採用でキズの付きにくい精度の高い折りが可能。

 

ロータリーダイカットシステム RD-4055

ロータリーダイカットシステム 「RD-4055」

▽「RD-4055」

軽い力で型抜きができるロータリー式を採用した、L判4切(最大用紙サイズ幅400×長さ550㍉)に対応するダイカットシステム。

用紙を自動給紙し、型抜き、抜きカスの分離排出までワンパスで処理が可能で、毎時6000枚の高速処理を実現する。

全抜き、半抜き、筋押し、ミシンなどの加工ができ、木製抜き型では表現できない微細な文字や模様などが加工できる。

 

【開催概要】

▽会期=11月26・27日 午前9時から午後6時

▽会場=同社本社ショールーム(東京都江戸川区松江5の10の9)

▽問合先=03・3652・7631

 

 

イベント 技術・製品-関連の記事

PAGE TOP