2015年11月09日

吉岡会長

吉岡会長

日本グラフィックサービス工業会(吉岡新会長)は10月9・10の2日間、ジャグラ全国協議会を開催した。各委員会企画によるセミナーや提案、グループ討論などを通じて、さまざまな意見を交わしたほか、1日目には「2015年年賀状デザインコンテスト」「ジャグラコンテスト第1回InDesign」の表彰式をそれぞれ開き、優秀者を表彰した。

 
ジャグラ全国協議会は全国の会員がジャグラのあり方や印刷業界の課題について、講演や討論、報告を通じて考えていくことを目的に、年1回東京で開かれる。
1日目は東京・文京区の東京ドームホテルで開催。吉岡会長は6月に開催されたジャグラ60周年式典への参加に感謝の言葉を述べるとともに、「会員増強キャンペーンも一区切り付いたが、常日頃から意識していく必要性も再認識している。会員を減らさず、少しずつでも増やしていく気持ちを大事にしたい」とあいさつした。
グループ討論に先駆けて、落合信一氏((有)プロテックス)が地元密着型・営業強化作戦「まちプリ」による街おこし事例を発表。まちプリをブランドタイトルとして、商店街の飲食店、動物病院、雑貨店などの法人以外をターゲットに置き、着眼力と発想力、ジャグラの知力やバックアップを生かした営業戦略・街おこし戦略を発表した。
つづいて8グループに分かれて「ビジネスチャンスは地元にあるか?」をテーマにグループ討論が行われた。地元の分析、ビジネス展開などを話し合ったのち、各グループが発表。各地域、各会社が持つ課題について共有し、解決策を提案した。
「BCP策定と課題」では江曽政英氏(第一資料印刷(株))が講演し、「設備や装置もだが、社員、人命を守るため、『明日は我が身』の精神で取り組んで欲しい」と伝えた。

 
年賀状デザインコンテスト表彰式では、会長賞に選ばれた3作品、カラー部門(有)大船渡印刷(岩手)、モノクロ部門(株)ニシキプリント(広島)、学生部門梅田有理さん(HAL名古屋)を表彰。「ジャグラコンテスト第1回InDesign」は古山裕也さん((株)ウィザップ)が総合順位1位を獲得し、「初代InDesignマイスター」として表彰された。
会の最後には、2016年6月25日に札幌パークホテルで開催される第58回ジャグラ文化典北海道大会のPRが行われた。

 
2日目は会場を東京・市ヶ谷のTKP市ヶ谷カンファレンスセンターに移し協議会を開催。
「小さな会社こそ、高く売りなさい」セミナーでは経営コンサルタントの竹内謙礼氏を招き、同氏は安売りに頼らない営業手法として、必要とされる、記憶に残る、愛を持ってもらうことが大事だとした。
021

イベント-関連の記事

PAGE TOP