2015年11月09日

大阪天満宮本殿で記念撮影

大阪天満宮本殿で記念撮影

大阪印刷関連団体協議会(吉田忠次会長)は11月6日、大阪・北区の大阪天満宮で恒例の「長寿会」を開催し13人が参加した。

長寿会は、昭和43年に「明治会」として開催されて以来、満70歳以上の大阪府印刷工業組合および関連業界人を招いて業界発展と長寿祈願を行なう秋恒例事業である。今年で48回目を迎えた。
 
当日は、本殿において神官による長寿祈願、お神楽奉納のあと、吉田会長をはじめ関連団体代表らによる玉串奉奠のあと本殿前で記念撮影。その後、天満宮表門前の料亭「相生楼」に移動し懇親宴を催した。

懇親宴では主催者を代表して吉田会長のあいさつ。続いて長寿を代表して住野修二氏(元大阪府印工組理事長、97歳)があいさつ、岩下登大阪府グラフィックサービス協同組合理事長の発声で献杯し、出席者は和やかな雰囲気の中で旧交を温めた。

宴席では、松村英二氏(㈱松村善進堂社長・南親支部)の狂言「福の神」が披露され宴たけなわのなか、加貫順三近畿印刷産業機材協同組合理事長の閉会あいさつで散会した。
 
 

タグ: >

PAGE TOP