2015年11月05日

キヤノン㈱とキヤノンマーケティングジャパン㈱は11月4日から6日まで、東京・千代田の東京国際フォーラムで「Canon EXPO 2015 Tokyo」を開催している。

 

連帳高速IJ機でパーソナライズマガジンを製作

連帳高速IJ機でパーソナライズマガジンを製作

平成12年から5年ごとに開催しているこのイベントでは、主要な技術・製品の展示を通して、将来的な目指すべき方向性を紹介。

4回目の開催となる今回は、「2020年の東京へ、期待される価値を求めて」をテーマに、映像文化の発展、ビジネス革新の支援などの未来像と新たな価値を提案した。

 

展示では、印刷表現で可能とする臨場感を示すべく、超高精細な大判インクジェットプリンターによる出力物を貼り合わせたもので、▽画角や照明環境を研究し、まるで本当の空港で飛行機を見ているかのような空間を再現、▽超高層ビルから真下を覗き込む絵柄で、高い所に上った時の感覚を再現--して、印刷物はどこまで本物に見せられるか、どこまで感覚を刺激させられるか挑戦をした。

 

最新機の「imagePRESS C10000VP」ではパーソナライズフォトブックを製作

最新機の「imagePRESS C10000VP」ではパーソナライズフォトブックを製作

また、実機を使った製作デモンストレーションでは、▽顧客登録情報やSNSなどのデータベースを活用した、パーソナライズ化した情報マガジンの製作、▽同じ商品でもたくさんのバリエーション展開ができ、見ておもしろく、コレクション性も高いパッケージの製作、▽パーソナライズフォトブックの製作、▽4K動画映像から静止画を切り出したものを高精細インクジェット印刷するソリューション--をはじめとした技術が示された。

 

 

 

 

PAGE TOP