2015年10月28日

オムニチャネルをテーマに開かれた第4回データビジネスセミナー

オムニチャネルをテーマに開かれた第4回データビジネスセミナー

(一社)日本ダイレクトメール協会(JDMA)(会長=佐藤暢晃凸版印刷㈱)は10月16日、東京・初台の東京オペラシティタワー15Fランドスケイプセミナールームで、「オムニチャネル。ネットとリアル。顧客との相互コミュニケーションのポイントは?」をテーマに第4回データビジネスセミナーを開き、オムニチャネルを成功に導くアプローチと戦略、リアル店舗での消費行動の変化の傾向と対策、効果的なDM活用術などを3人の講師が紹介した。今回の受講者はほぼ満席の36人。次回は2016年2月に開催の予定。

 

開講あいさつの後、ナレッジ①「オムニチャネルのアプローチエンジンとしてのマーケティングオートメーション」の題目で、フュージョン㈱ダイレクトプロモーションプランニング・チームマネジャー花井優樹氏が講演し続いて、ナレッジ②「次世代のオムニチャネル戦略と店頭施策」共同印刷㈱トータルソリューションオフィスソリューション推進部田邉憲一氏と、ナレッジ③「オムニチャネル時代のDM活用術」~脳科学で明らかになってきたコミュニケーションのあり方~トッパン・フォームズ㈱企画本部企画開発部ダイレクトコミュニケーショングループ担当課長落合俊行氏が講演した。

 

JDMAセミナー・イベントのスケジュール:http://www.jdma.or.jp/

 

PAGE TOP