2015年10月20日

pd2016[1]㈱光文堂(本店/名古屋市中区、讃岐秀昭社長)の新春機材展「Print Doors 2016」のポスターがこのほど完成した。

 

2016年に創業70周年を迎える同社は、記念すべき年の新春機材展を次の80周年、90周年、そして100周年に向けてすべての関係者とともに発展していくことを願い、「原点、そして未来へ。70.80.90.100年」をキャッチコピーに、2016年1月27日と28日の2日間、名古屋市中小企業振興会館(名古屋市千種区)で新春機材展「Print Doors 2016」を開く。

 

完成したテーマポスターのメインビジュアルは、「まだ見ぬ未来の新しい生命」を表した幻の生きものとなっている。  小さな角をたずさえた彼女は、人間とも違う、動物とも違う、新しい生命体であり、まだ誰にも発見されていない可能性の源であり、次の80年、90年、100年に向けた未来の時間を体に纏(まと)い、未来の希望を示唆している。  また、原点を軸にさらなる挑戦を重ねて未来への扉を開けば、見たことのない世界、聞いたことのない方法、体験したことのない成功に出会えることを表現している。  同社では、「輝く未来への扉」となるPrint Doors 2016への多数の来場を呼び掛けている。

 

同展の出展社募集は10月末まで。

企業-関連の記事

PAGE TOP