2015年10月15日

EIZO㈱(本社・石川県白山市、実盛祥隆社長)が販売するカラーマネージメント液晶モニター「ColorEdge」の4機種が、国際的第三者認証機関のテュフラインランドがグラフィックス市場向けに新たに制定したモニターの品質・性能についての基準「Color Accuracy」の認証を世界で初めて取得した。

 

「Color Accuracy」は、テュフラインランドによってモニターに正確な色再現精度を必要とするグラフィックス市場向けにその基準が定められたもの。

基準に求められる要件は主に、▽色を正確に表示するモニターであること(sRGBとAdobe RGB両方のプリセット値を装備)、▽モニター使用中、表示の色が安定していること、▽画面全体で明るさと色の均一性が保たれていること、▽画面を見る角度による色の見え方の変化が少ないこと――の4点。

また、これらの要件に加えて、電源オンから短時間で表示が安定する製品については、さらに「Quick Stability」のグレードが付与される。

 

今回認証を取得したのは「ColorEdge CG318-4K/CG248-4K/CG277/CG247」の4機種。

また、全4機種とも「Quick Stability」のグレードも得ている。

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP