2015年10月13日

kinnyuu

UVオフセット印刷樹を導入

日東紙工㈱(兵庫県姫路市、大西浩二社長)は日本政策金融公庫の「地域活性化・雇用促進資金」を適用され、5000万円の融資を受けた。

 

このほど、日東紙工が承認を受けた事業高度化計画ではこれまでの営業品目にないメタル紙やフィルム紙の印刷を可能とするハイブリッドUVシステム搭載のオフセット印刷機を導入に、乾燥待ち時間の削減によるストックスペースの無駄をなくし、トータルリードタイムの削減に取り組む。

 

 

生産性を20%向上し、多品種小ロットの生産体制を構築する業務内容の革新を図られることから、国の施策に基づく政策金融機関である日本政策金融公庫は、事業高度化計画の認定取得を要件とする本特別融資の適用を決定し、融資を実施した。

 

 

 

タグ:

PAGE TOP