2015年10月08日

ダイレクトドライブ機の高いパフォーマンスを来場者に示した

ダイレクトドライブ機の高いパフォーマンスを来場者に示した

マンローランド ジャパン㈱(本社・埼玉県戸田市、サーシャ・バンセマー社長)は10月6日、川嶋印刷㈱(本社・岩手県西磐井郡、菊地慶矩社長)で工場見学会を開催し、川嶋印刷が2015年1月に導入した菊全判両面兼用8色機「ROLAND700Direct Drive」および13年5月に導入した菊全判7色UVコーター付印刷機「ROLAND700HiPrint」を披露した。

 

菊全判両面兼用8色機「ROLAND700Direct Drive」の印刷実演では両面4色印刷2ジョブと片面7色印刷2ジョブを行い、ダイレクトドライブ機構の効果により前のジョブの刷了から次のジョブの本刷り開始までわずか10分強しかかからない点をアピールした。

また、この印刷機には30枚ごとに印刷物のコントロールストリップを印刷機内のカメラで読み取り、印刷物の濃度と見当を自動補正する「インラインカラーパイロット」を搭載しており、これによって刷り出し時の損紙と時間が半分以下に削減でき、かつ本刷り開始から刷了まで安定した色再現ができるところも示した。

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP