2015年10月07日

アドビシステムズ㈱(本社・東京都品川区、佐分利ユージン社長)は、㈱モリサワ(本社・大阪府大阪市、森澤彰彦社長)が提供するモリサワ書体とグループ会社の㈱タイプバンク(本社・東京都新宿区、中村信昭社長)が提供するタイプバンク書体の計20書体を、Adobe Creative Cloudユーザーが利用できるフォントライブラリサービス「Adobe Typekit」に追加することを発表した。

この20書体は10月6日から、Adobe Creative Cloudのサブスクリプションユーザーは追加費用なしで使用可能となる。

 

今回追加された20書体は次のとおり。

▽リュウミンL-KL、▽太ミンA101、▽見出しミンMA31、▽中ゴシックBBB、▽太ゴB101、▽見出しゴMB31、▽じゅん101、▽TBシネマ丸ゴシック、▽ちび丸ゴシックPlusK R、▽篠-M、▽日活正楷書体、▽ぶらっしゅ、▽サン-M、▽TBカリグラゴシックE、▽漢字タイポス415R、▽UD新ゴL、▽UD黎ミンL、▽UD新丸ゴL、▽TB新聞明朝L、▽TB新聞ゴシックM

 
 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP