2015年10月06日

セイホウ(名古屋市中川区)は、ENDUPACK(フランス)の日本総代理店として、物流現場における輸送・保管時の「荷崩れ荷滑り防止」や「震災・省エネ対策」に絶大な効果を発揮する「グリップシート」を販売している。段ボール・紙袋をはじめ、プラスチック、ガラス、金属、木材に対応する。

 

グリップシートには次のようなメリットがある。

独自のノンスリップ加工を施した保護挿入シートで荷物の各層に挿入するだけでスリップを大幅に減らす。繰り返し使用できるため、コストを大幅に削減できる。梱包にかかるムダな作業を減らす。再生紙100%。しかもリサイクル可能で環境にやさしい。防水加工を施すことも可能。自動化ラインにも対応可能。
グリップ・シートは5つの特徴を備える。
①すべらない=シートに施した「滑り止めコーティング」が荷物の載ったパレット全体を安定させる。さらにバンド、テープなどと組み合わせれば、より荷物を安定させることができる。
②湿気に強い=グリップシートは撥水性がある。さらに防水加工を施すことも可能。
③コストが安い=繰り返し使用ができるため経済的(使用状況による)。ストレッチフィルムやバンド、テープを削減することができるため、トータルコストダウンに貢献する。
④使いやすい=各層にはさむだけなので簡単に扱える。自動パレタイズ機器にも対応する。
⑤危機管理および防災対策=工場内及び倉庫内での荷崩れを防ぎ商品を守る。店舗および家庭内でのたなからの落下防止に最適。

 

http://www.seiho-corp.co.jp/gripsheet/index.html

 

 

タグ: >

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP