2015年10月02日

凸版印刷が運営する国内最大級の電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」は、カカクコムが提供する購買支援サイト「価格.com」と連携。2015年10月1日から「価格.com」内で展開する実店舗情報紹介サービス「ミセトク」に対して、「Shufoo!」のチラシ情報を提供開始した。

 

「Shufoo!」は従来、チラシをはじめとする買い物情報を能動的に収集する女性ユーザーを中心に、そのユーザーが設定したエリアに基づき情報を届けてきた。
また、ポータルサイトや携帯キャリアなど他企業と提携し、「Shufoo!」以外のメディアに同様の情報を配信することで、「Shufoo!」のメインユーザーである女性層とは別の特性を持つ生活者と情報接点を開発し、「Shufoo!」と契約している企業のコンテンツ価値を向上している。

 

今回、購買支援サイト「価格.com」と連携を開始。「価格.com」ユーザーは、「価格.com」各ページから実店舗情報紹介サービス「ミセトク」にアクセスすると、「Shufoo!」のチラシ情報が閲覧できる。この連携によって、「Shufoo!」にチラシを掲載する企業は、「Shufoo!」のメインユーザーにだけでなく、男性利用者も多く、買い物意欲の高い「価格.com」ユーザーにも情報鮮度の高い実店舗のチラシ情報を届けることで、集客・購買促進が実現できる。

 

「価格.com」でのチラシ閲覧フロー

「価格.com」でのチラシ閲覧フロー

 

 

■「価格.com」でのチラシ閲覧フロー
①「価格.com」各ページ(TOPページ、カテゴリページ、掲載商品の「店頭購入」ページ等)にある「ミセトク」へのリンク(掲載中のチラシサムネイルやリンクボタンなど)を選択し、「ミセトク」ページへ遷移
②初回アクセス時に郵便番号を設定すると、そのエリアのチラシをチェックすることが可能

 

〇「Shufoo!」
凸版印刷が2001年8月から運営を開始し、20-40代の女性を中心に利用されている国内最大級の電子チラシサービス。大手流通各社、地域主力スーパーなど約3,000法人、約104,000店舗が参加。PV数は月間2億1,130万、ユニークユーザー数は月間690万(2015年8月31日現在)。チラシの閲覧回数や閲覧部分のデータを収集・分析するマーケティング機能も備える。生活者は、PCに加え、携帯電話やデジタルテレビ、拡大するスマートフォンやタブレット端末など様々なデバイスから日本全国の電子チラシを閲覧することができる。

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP