2015年09月30日

㈱イワタ(本社・東京都千代田区、水野昭社長)が提供する、明朝体のシャープさ・可読性の良さとゴシック体の力強さを兼ね備えた書体「イワタミンゴ」が、2015年度のグッドデザイン賞を受賞した。

受賞対象は、イワタミンゴM、イワタミンゴD、イワタミンゴB、イワタミンゴE、イワタミンゴNP-M、イワタミンゴNP-D、S-イワタミンゴNP-B、S-イワタミンゴNP-E。

 

審査委員からは「印刷媒体で活字を読む時代から、モニター、ディスプレイなどのデジタルメディアで文字を読む時代となり、書体も媒体に応じた変化が求められている。“イワタミンゴ”は、明朝体とゴシック体の良いところをあわせ持ち、デジタルメディアでも読みやすい。汎用性が高く、UDフォントとしての活用も期待できる。 これからの時代のスタンダードとなりえる書体のひとつだ」という評価を受けている。

 

 

 

同社ではこの受賞を受け、「イワタミンゴ」を特別価格で販売する特別セールを11月30日まで行う。

 

イワタミンゴM/D/B/E OpenType Pro版

1書体定価1万8000円を1万2500円(税別)

 

イワタミンゴNP-M/D OpenType U-PRESS版 TrueType U-PRESS版

S-イワタミンゴNP-B/E OpenType U-PRESS版 TrueType U-PRESS版

1書体定価3万8000円を2万6500円(税別)

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP