2015年09月16日

ケミカルフリー型湿し水冷却循環装置 「TOP-ONE CF502」

ケミカルフリー型湿し水冷却循環装置 「TOP-ONE CF502」

㈱コスモテック(本社・京都府京都市伏見区、永井尚雄社長)がIGAS2015で、ケミカルフリー型湿し水冷却循環装置「TOP-ONE CF502」を新発表した。

 

「TOP-ONE CF502」は湿し水冷却循環装置に光触媒反応装置を内蔵したもので、これを内蔵したことにより湿し水への薬品類の添加が不要となる。

水道水を光触媒反応装置によってろ過することでカルシウムやマグネシウム成分を除去し、それにより表面張力が低下するため、薬品類を使用する必要がなくなる。

 

薬品使用料や産廃処理費が削減されるのでコストメリットが生まれるとともに、印刷品質やインキ乾燥性の向上も図れる。

インキやプレート、ブランケット、ローラーといった使用機材の制限はなく、また油性/UV、オフ輪/枚葉といった印刷方式を問わず使用することができる。

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP