2015年09月14日

耐熱タグ(トッパンフォームズ)

200℃まで耐えることが可能

トッパン・フォームズ㈱は自動車の塗装ラインなどの200℃までの耐熱性が求められる環境でも繰り返し使用可能な「UHF帯耐熱ICタグ」を開発した。

 

昨今はさまざまな業界において、製造工程のステータス管理とその効率的な運用を実現するため、過酷な環境においてICタグを利用して管理を行いたいというニーズが高まっている。しかし、従来の繰り返し使えるUHF帯耐熱ICタグは100℃程度に対応するのが限界で、200℃に耐えるICタグでも、繰り返し使用はできなかった。

 

 

 

同製品は、耐熱性能に優れたセラミックス基板および独自の内部構造を採用することで、従来品と比較し大幅に耐熱性を向上させた。今回開発した耐熱タグにより、自動車の塗装ラインなどの高温環境下におけるステータス管理を実現。製造工程における一気通貫の見える化が可能となる。また製鉄所の溶銑(溶けた鉄)など、さらなる高温によりヒトが近づけないモノを管理するため、本製品を断熱材で被覆するなどの工夫により、200℃以上の高温に対応することも可能となった。

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP