2015年09月09日

10月13~16日に東京ビッグサイトで開催

「包む世界 みつける愉しみ」をテーマに、「JAPAN PACK 2015」(2015 日本国際包装機械展、主催・日本包装機械工業会)が、10月13~16日に東京ビッグサイト(東展示棟1〜6ホール)で開催される。従来以上に総合展としての色合いを強め、多様な機器・技術、ビジネスモデルなどが展示・公開される。開催規模は前回(332社・1938小間)を大幅に上回る412社・2277小間。入場料3000円。公式Webサイトから事前登録することにより無料で入場できる。開場時間は午前10時から午後5時まで。主催者側では10万人以上の来場者を見込んでいる。

 

JAPAN PACKは、国内外の包装業界と関連産業の最新鋭の機械や技術・システム
などが一堂に集結する包装総合展示会で、1964年から2年に1回開催されている。

 

従来の包装/ロボット・流通機器・ソフト/食品機械/部品の4つのゾーンに加え、新たに医薬・化粧品ゾーンが新設され、サステナブル社会に貢献する省エネ・省資源化製品、食品の安全・安心を追求した製品、少子高齢化社会に対応するユニバーサルデザインや操作が容易な製品、コスト削減のための小型化、省スペース化製品など、多種多様なユーザーニーズに対応する機能を備えた製品が数多く展示される。

 

また、30回展の特別企画として、William L. Cristアメリカ包装・加工技術協会会長およびRiccardo Cavannaイタリア包装機械工業会副会長による記念講演会が実施される。

 

このほか、慶應義塾大学大学院教授・岸博幸氏による特別講演会、医薬品業界専門技術セミナー、出展社プレゼンテーションセミナー、JAPAN PACK AWARDS 2015表彰式、包装相談コーナー・包装サンプルコーナーなど多彩なイベントが計画されている。

 

※問合先:JAPAN PACK2015事務局(東京都中央区新川2-5-6、電話03-6222-2275、http://www.japanpack.jp/、japanpack@jpmma.or.jp/)

 

 

イベント-関連の記事

PAGE TOP