2015年09月09日

日本新聞折込広告業協会(J-NOA)がまとめた2015年上半期(1-6月)の「全国版折込広告出稿統計データ」によると、1世帯平均の折込枚数は前年同期比3・9%減の2833・1枚だった。地区別では、沖縄同8・1%減1663・0枚、北陸同6・9%減2528・0枚、九州同6・9%減2479・3枚の落ち込みが目立つ。首都圏は同4・7%減2885・4枚だった。北海道はほぼ前年並みの同0・6%減2883・2枚だった。業種別では、教育・教養同5・5%増241・1枚、その他同2・0%増163・5枚と増加した業種もあったが、流通同1・5%減1346・4枚、サービス業同6・0%減662・8枚、金融・保険同13・4%減36・7枚、不動産同10・6%減248・8枚、メーカー同19・7%減133・9枚と各業種で減少した。(=一部既報)

 

業種別・地区別では、流通は北関東同1・5%増1394・9枚、中国同0・2%増1453・7枚だった。首都圏は同3・2%減1249・9枚。沖縄は同10・3%減809・0枚だった。

 

サービス業は増えた地域は北海道同0・8%増834・8枚だけだった。首都圏は同4・8%減627・9枚。九州は同14・0%減592・4枚だった。

 

教育・教養は北関東だけ減少し同10・9%減166・3枚。首都圏は同3・2%増318・7枚。沖縄は同66・7%増95・0枚。

 

金融・保険は九州同5・4%増36・1枚、四国同2・2%増23・0枚だった。沖縄は同30・0%減7・0枚。首都圏は同23・7%減23・9枚。北関東は22・3%減37・4枚。

 

不動産は沖縄同30・3%減62・0枚。首都圏同10・1%減320・0枚。

 

メーカーは沖縄同35・4%減106・0枚。首都圏同20・4%減118・9枚。

 

その他は北海道同29・5%増72・0枚、沖縄同22・2%増33・0枚。北関東同2・6%減186・9枚、北陸同8・7%減59・7枚。首都圏同2・0%減226・1枚。

 

 

タグ:

PAGE TOP