2015年08月24日

 ワールドスキルズインターナショナル(WSI)主催の第43回技能五輪国際大会が8月11日から16日までブラジル・サンパウロ市で行われ、「印刷職種」の日本代表として出場した堀洸太選手((株)トッパンコミュニケーションプロダクツ)は、オフセット印刷・デジタル印刷・印刷メンテナンス・調色・印刷不良発見・印刷シミュレータ・断裁などすべての課題で奮闘したが、7位となりメダル獲得には至らなかった。

 

 第43回技能五輪国際大会には60カ国以上の国・地域から約1200人の青年技能者と1100人を超えるエキスパートが参加、8月11日の開会式のあと、15日までの4日間にわたり、50職種で技を競い、16日の閉会式で結果発表と表彰式が行われた。

 

 今大会の印刷職種には日本のほか、ベルギー、ブラジル、中国、コロンビア、デンマーク、ドイツ、フィンランド、フランス、オーストリア、スイスの11カ国が参加。金メダルはブラジル、銀メダルは中国、銅メダルはフランスが受賞した。
 次回の技能五輪国際大会は、2017年10月17日から22日までアブダビ(アラブ首長国連邦)で開催の予定。

 

 堀選手の競技の模様は、YouTubeで動画配信されている。https://www.youtube.com/user/TOPPANPRINTING

 

 

タグ: >

PAGE TOP