2015年08月18日

利根川政明氏通夜のもよう

通夜のもよう

利根川政明氏

利根川政明氏

 利根川政明氏(とねがわ・まさあき=TONEGAWA会長、元全日本印刷工業組合連合会常務理事、経世志塾塾頭・設立者) 8月17日午後11時03分、かねてから肝細胞がん治療中のところ死去した。67歳。

 

 通夜は8月21日午後6時から、告別式は22日午前11時から、東京都文京区大塚5の40の1の大本山護国寺桂昌殿で、利根川家とTONEGAWAの合同葬として行われる。喪主は長男の芳明(よしあき)氏。葬儀委員長は利根川英二同社社長。

 

 同氏は、多年にわたり全印工連常務理事、東京都印刷工業組合副理事長などの要職を務めた。この間、組織委員会委員長、共済事業委員会委員長、組織・財政改革特別委員会副委員長などを歴任、全印工連の主要な基盤である組織の拡充、財政を支える共済事業の推進に指導力を発揮した。日本印刷産業連合会では、広報委員、経営労働委員、国際委員を務めた。全国印刷緑友会では第20代会長など16年にわたり執行部を務めた。

 

 

タグ:

PAGE TOP