2015年08月05日

㈱モリサワ(森澤彰彦社長)は、8月4日からクラウドフォントサービス「TypeSquare」にかな書体を追加した。

 

今回追加されたかな書体は、モリサワのオーソドックスな明朝体であるリュウミンと合わせて使うことで、違った雰囲気を出すことのできる「リュウミン 小がな」「リュウミン オールドがな」「秀英3号」「秀英5号」や、ゴシック体の漢字と合わせることでマンガの吹出しなどに用いられる「アンチックAN」など。

 

タイプバンクフォントからは、本明朝と組合せて使うことができる「築地」「小町」「良寛」「行成」「弘道軒」、ナウと組合せて使うことができる「築地-M/G」「小町-M/G」「良寛-M/G」「行成-M/G」「弘道軒-M/G」を提供する。

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP