2015年07月30日

島村会長(中央)が説明

島村会長(中央)はじめ実行委員会が説明

全日本印刷工業組合連合会(島村博之会長)は、10月16日に東京・丸の内のパレスホテル東京で創立60周年記念行事を挙行する。

 

当日は記念式典・表彰式、記念講演会、記念パーティの3部構成で、記念式典では長年にわたり業界の振興、組合の運営に尽力した役員を表彰する。

 

記念講演会では元ライブドアの堀江貴文氏が講演する。

 

 

当日は組合員はじめ関連業者、国会議員、行政からの来賓ら約600人の参加を見込んでおり、60周年を機に”ソリューション・プロバイダー“への変革を目指す。

 

 

 

60周年

約600人の参加を見込む


7月29日午後4時から東京・新富の日本印刷会館5階全印工連会議室で開かれた記者会見には、島村会長はじめ、実行委員会の臼田真人委員長、黒澤文雄同幹事長、滝澤光正委員、生井義三専務理事が出席した。

 

はじめに島村会長が要旨次の通りあいさつした。
「記念行事は、当初、全日本印刷文化典にあわせて開催することを考えていたが、組合が生まれ変わってきたけじめとして60周年を広く一般に知らしめる会にすべきとの意見が出た。ついては自己満足の会ではなく、行政や国会議員の皆様にもしっかりみていただく場にしなければいけないという声のもとに、あえて東京で全印工連フォーラムが開催される年に記念行事を開催することを決定した」
次いで、臼田委員長が「コンセプトは不易流行である。われわれは創立60周年を単なる一つの通過点、周年のお祭りとは全く捉えていない。激動の変革の中、脈々と続いてきた全印工連の伝統をしっかり守り、この先の激動の環境の中、我々の永遠のテーマである変革をし続け、70周年、80周年に向けての一つの節目として新たなスタート地点としたい」と述べた。

 

記念式典・表彰式:午後2時~3時15分 パレスホテル東京4F「山吹」

記念講演会:午後3時半~5時 パレスホテル東京4F「山吹」 講師・堀江貴文氏(元ライブドア)

記念パーティ:午後5時半~7時 パレスホテル東京2F「葵」

 

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP