2023年10月12日

キヤノン㈱(本社・東京都大田区、御手洗冨士夫社長)は、産業印刷向けインクジェットラベル印刷機の新製品「LabelStream(ラベルストリーム)LS2000」を2024年8月から発売する。

 

LabelStream LS2000

LabelStream LS2000

食品や日用品の外装に用いられるラベルは、製品ライフサイクルの短縮化により小ロット・短納期での生産が求められている。

これにともない、ラベル印刷機はアナログからデジタルへの移行が加速している。

この新製品は、新開発のインク循環機構搭載の高精細プリントヘッドと高濃度ラテックスインクを採用し、最速で毎分40㍍の高速印刷と高い稼働率、高品位な印刷を実現する、同社初の産業印刷向け水性インクジェットラベル印刷機。

また、白インクの標準搭載や低耐熱フィルム、食品安全性基準への対応により、幅広いラベル印刷のニーズに応え、印刷会社のビジネス拡大に貢献する。

 

「LabelStream LS2000」の主な特徴は次のとおり。

▽インク循環機構を搭載した高精細プリントヘッドによる安定稼働

ノズル先端までインクが循環

ノズル先端までインクが循環

2400×1200dpiの高解像度を実現する新開発の長尺プリントヘッドにより、印刷幅は最大340㍉まで対応し、多面付けでの効率的な印刷ができる。また、インク循環機構を搭載し、インクを吐出するノズル内のインク粘度を最適化している。高度な加工技術によって精緻な流路を実現したことで、高密度で配置したノズルひとつひとつの先端までインクが循環し、安定した印字ができる。さらに、所定の累計印刷時間ごとに自動でクリーニングを行うメンテナンスシステムでプリントヘッドのインク吐出部分を良好な状態に保つため、高い印刷品位で長時間の連続印刷が可能となる。

 

▽高濃度ラテックスインクによる高品位なラベル印刷

広色域の印刷が可能な新開発のラテックスインクを採用し、色鮮やかなラベル印刷ができる。薄いインク層での印刷が可能で、表面の質感に特徴のあるラフ紙など、メディアの風合いを活かしたラベルを製作できる。

 

▽白インクの標準搭載と低耐熱フィルムへの対応による高い商材対応力

標準搭載の白インクは隠ぺい率が高く、透明なフィルムへの印刷時にカラーインクの下引きとして使用することで明瞭なカラー印刷ができる。新開発のインクは低温定着可能な材料を使用しているため、低耐熱フィルムへの印刷も可能。加えて、FDA(米国食品医薬品局)認証やEU規則などの食品安全性基準にも対応する。これにより、食品や化粧品などさまざまな商材の外装に使用されるラベル印刷ができる。

 

 

 

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP