2023年09月27日

ブラザー工業㈱(本社・愛知県名古屋市瑞穂区、佐々木一郎社長)は、10月3日から6日まで東京・江東の東京ビッグサイトで開催される「JAPAN PACK2023 日本包装産業展」に、子会社のドミノプリンティングサイエンス社の製品8シリーズを展示する。

展示ブース(東6ホール6-423)は、販売子会社のブラザーインダストリアルプリンティング㈱と共同での出展となる。

 

d11621-620-c877cc5065cc085a1d1e-0ブースでは「Product to Palette」をテーマに掲げ、商品やパッケージへの印字をはじめ、出荷カートンへの直接印字など、製造から出荷までの印字工程に対応できる製品ラインアップを用意し、ユーザーのさまざまな要望に応える。

展示機は、ドミノ社製のデジタル印刷機「K600i」のほか、段ボール用プリンター「Domino Cxシリーズ」など計8シリーズ。

印字動作を実際に見ることができるデモンストレーションも行われる予定となっている。

 

主な展示製品は次のとおり。

モノクロインクジェット機 Domino K600i

モノクロインクジェット機 Domino K600i

▽モノクロインクジェット機「Domino K600i」=パッケージ印刷に適したUVインクを使用したデジタル印刷機。600dpiの高解像度、最大毎分150㍍の高速印字、782㍉まで可能な幅広印字のほか、連番・バーコードといった可変データなどのさまざまな印字に対応する。既存の機械に容易に設置できる柔軟なインストール機構をもつモノクロインクジェットシステム。

 

▽UVレーザーマーカー「Domino Uシリーズ」=コンパクトな一体型で省スペース、すぐれた高速追随性を持ち、防じん防水IP55であることから、さまざまな使用環境に対応。また、プラスチック素材への印字に適していて、印字エリアのサイズを選択できるため、多様な印字条件にも対応が可能。

 

段ボール用プリンターDomino Cxシリーズ

段ボール用プリンターDomino Cxシリーズ

▽段ボール用プリンター「Domino Cxシリーズ」=ロゴやバーコードなど、カートンへのさまざまなサイズでの印字に適している産業用インクジェットプリンター。1コントローラーで最大4台のプリントヘッドを制御できるため、印字対象の両側面への印字や、縦最大260㍉の印字が可能。サブインクタンク搭載で、インク補充時もプリンターの作動を止める必要がない。人体だけでなく、環境にもやさしい植物油由来のインクを使用している。

 

▽カートリッジ式小文字プリンター「Domino Gxシリーズ」=メンテナンスが容易なプリントヘッド一体型のカートリッジ方式を採用した産業用サーマルインクジェットプリンター。紙箱やプラスチック軟包材への高精細な印字に適していて、1コントローラーで最大4台のプリントヘッドを制御できるため、印字対象の両側面への印字や、縦最大50.8㍉の印字が可能。

 

▽印字検査機「Domino Rシリーズ」(参考出展)=日付やロット番号、業界標準のさまざまな各種コードの読み取り・検証が可能な印字検査機。プリンターとの連動操作による作業効率の向上とヒューマンエラーの防止に貢献するだけでなく、印字事故の防止とトレーサビリティも強化できる。

 

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP