2023年09月26日

東洋インキ㈱(本社・東京都中央区、柳正人社長)は、硬質プラスチックに印刷されたUVインキを除去できる脱墨コーティング剤を開発した。

この技術を用いて自動販売機の商品見本シートのリサイクル化に取り組んでおり、事業化するとUVインキの脱墨システムを開発した日本初のメーカーとなる。

 

プラスチックに施された印刷は必要な情報を表示したり意匠性を高めるなど、重要な役割を担っているが、基材からの分離が難しくリサイクル促進を阻害する要因のひとつとなっている。

とくに硬質プラスチックの印刷に用いられるUVインキは、塗膜が固く硬化しているため脱墨が困難だったが、このたび同社ではUVインキ用脱墨コーティング剤を開発し、UVインキの脱墨システムを確立した。

基材となるプラスチックとUVインキの間にこのコーティング剤を塗工することで、アルカリ処理によりUVインキを取り除くことが可能になる。

水性(熱乾燥)、UV硬化型の2タイプをラインナップし、オフセット、フレキソ、樹脂凸版、コーターなど、さまざまな塗工方法に対応する。

 

事業化第1弾として、㈱協同制作(本社・東京都中央区、立石昌紀社長)と協業し、自動販売機で使用される商品サンプルシートの脱墨に取り組む。

飲料容器は、容器本体部分はリサイクル化が進んでいるが、自動販売機の商品サンプルのリサイクルは難易度が高く、廃棄するほかないのが現状となっている。

これまでも商品サンプルを立体的なダミー缶からPET製のフラットシートに転換することによる減プラの取り組みが行われてきたが、さらに商品サンプルシートの印刷時に東洋インキの脱墨コーティング剤を用いることで、リサイクル時にUVインキを除去して透明に近い再生プラスチックを取り出すことが可能になる。

現在、量産化に向けたラインテストを実施しており、2025年の事業化、2030年の全量リサイクル化を目指し、脱墨システムの構築を進めている。

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP