2015年07月25日

①メディア総接触時間は383.7分。「携帯・スマホ」「タブレット」でメディア総接触時間の4分の1以上へ②メディアヘビー接触層(1日6時間以上の接触者)が半数に迫る③「スマホ」「タブレット」で同程度利用されているのは「動画」「検索」「ショッピング」。一方で「新聞」「雑誌」は合わせてもメディア総接触時間の1割に届かない――
博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所は7月7日、生活者のメディア接触の現状を調査した「メディア定点調査2015」を発表した。メディア定点調査は2006年から現在の調査設計で行っており、今年は時系列分析を実施した。調査から見えてきた生活者のメディア接触の変化を見よう。

 
①メディア総接触時間は383.7分。「携帯・スマホ」「タブレット」でメディア総接触時間の4分の1以上へ。
1日あたりのメディア総接触時間は383.7分で、昨年(385.6分)とほぼ変わらず380分台と横ばい。「携帯・スマホ」「タブレット」が伸長し、それ以外は微減。
2006年から伸長し続けているのは「携帯・スマホ」の接触時間だけで、今年初めて「タブレット」と合わせて4分の1を超えた。
スマホの所有率(東京)は7割に迫り、タブレットの所有率(東京)も昨年の2割から伸長し、約3割へ。
②メディアヘビー接触層(1日6時間以上の接触者)が半数に迫る
メディアヘビー接触層(1日6時間以上の接触者)は、2006年の4割弱から10ポイント以上上昇し、今年49.6%と半数に迫った。
メディアヘビー接触層の中でも「10時間以上」の接触者は、2006年の5.3%から2015年は11.3%と倍増。
③「スマホ」「タブレット」で同程度利用されているのは 「動画」「検索」「ショッピング」
「スマホ」と「タブレット」におけるサービスの利用率が同程度なものは、「動画」(スマホ64.5%、タブレット65.1%)、「検索」(スマホ91.9%、タブレット87.6%)、「ショッピング」(スマホ42.8%、タブレット38.0%)である。

 

さらに詳しく見るとこうなる。

 

①-1)メディア総接触時間の時系列推移(1日あたり・週平均):東京地区
2015年のメディア総接触時間は383.7分。2014年385.6分に引き続き380分台となった。これまでを振り返ると、デジタルメディアの伸長は著しく、マスメディアの接触時間は減少傾向。テレビ152.9分(2014年156.9分)、ラジオ28.9分(同30.5分)、新聞19.9分(同23.4分)、雑誌13.0分(同13.6分)。
デジタルメディアの内訳を見ると、「パソコン」68.1分(同69.1分)は2011年81.7分をピークに減少に転じ、「携帯電話・スマートフォン」80.3分(同74.0分)は上昇の一途。タブレット端末は20.6分(同18.2分)、モバイルへのシフトが急速に進んでいることが伺える。

 

①-2)メディア別接触時間の構成比 時系列推移(1日あたり・週平均):東京地区
メディア総接触時間におけるデジタルメディアのシェアは年々拡大している。中でも「携帯電話・スマートフォン」20.9%(2014年19.2%)のシェアは急速に拡大し昨年、「パソコン」17.7%(同17.9%)のシェアと逆転。今年「携帯電話・スマートフォン」と「タブレット端末」5.4%(同4.7%)の構成比は合計で26.3%と初めて全体の4分1を超えた。
テレビ39.9%(同40.7%)、ラジオ7.5%(同7.9%)、新聞5.2%(同6.1%)、雑誌3.4%(同3.5%)はいずれもシェアが下がっている。

 

①-3)スマートフォン・タブレット端末所有率の時系列推移:4地区
スマートフォンの所有率は著しく伸長し、5年間で7倍強。2015年、東京では69.2%と7割に迫る。タブレット端末の所有率も順調に伸長し、東京は約3割。

 

②メディア総接触時間量別の構成比 時系列推移(1日あたり・週平均):東京地区
1日あたり(週平均)のメディア総接触時間が4時間未満を「メディアライト接触層」、4時間以上6時間未満を「メディアミドル接触層」、6時間以上を「メディアヘビー接触層」とすると、「メディアヘビー接触層」は2006年の4割弱から10ポイント以上伸長し、今年49.6%と半数に迫った。

メディアヘビー接触層の中でも、10時間以上の接触者は2006年の5.3%から2015年は11.3%と倍増している。一方、2006年に3割以上存在
した「メディアライト接触層」は今年2割強まで減少した。

 

③スマートフォン・タブレット端末のサービス別利用率と利用率の差分(2015年):東京地区
スマートフォンとタブレット端末におけるサービスの利用について、利用率の差分を小さい順に並べてみると「動画」「「検索」「ショッピング」となり、この3つがスマートフォンとタブレット端末の両方で同じように利用されていることがわかる。

 

標本抽出方法はRDD(Random Digit Dialing)。調査方法は郵送調査法。調査は、東京都、大阪府、愛知県、高知県の4地区の15~69歳の男女。2,504サンプル(東京620、大阪632、愛知637、高知615)。2015年1月30日から2月12日まで。ビデオリサーチが実施した。

 

 

PAGE TOP