2015年07月24日

全日本印刷工業組合連合会CSR認定制度の第1期ツースター認定に12社が認定された。

 

株式会社日進堂印刷所(福島県福島市)   株式会社協進印刷(横浜市神奈川区)

株式会社大川印刷(横浜市戸塚区)     亜細亜印刷株式会社(長野県長野市)

池田印刷株式会社(東京都品川区)     六三グループ(東京都江東区)

文唱堂印刷株式会社(東京都千代田区)   新日本印刷株式会社(名古屋市天白区)

株式会社二和印刷紙業(名古屋市北区)   アインズ株式会社(滋賀県蒲生郡)

株式会社ユニバーサルポスト(広島市西区) 株式会社ミヤプロ(香川県高松市)

 

CSR認定制度は2年間の有効期限を迎えるにあたり、ワンスターとしての継続更新、上位認定であるツースターへのステップアップ、どちらかを選択することになる。
ツースター認定ではワンスター認定にはなかったシステム評価の項目が追加されるほか、横浜市立大学CSRセンターLLPが認定する審査員による現地審査が実施され。さらに一歩踏み込んだCSRの実践を求められるようになっている。
また、第9期ワンスター認定で新たに4社が認定された。

 

 

 

西日本印刷工業株式会社(福岡市博多区) 泰和印刷株式会社(京都市伏見区)

株式会社野毛印刷社(横浜市中区)     相互印刷紙器株式会社(大阪市北区)
これにより、ワンスター取得企業は現在75社となった(ワンスター認定更新企業28社含む)。

 

 

PAGE TOP