2023年07月04日

大日本印刷(DNP)と長瀬産業は、化粧品などの製品のライフサイクル全体におけるカーボンフットプリントのコンサルティングサービスを開始する。2社は2023年7月4日から、製品のCO2排出量の算定と削減を支援するサービスとして、医薬・化粧品業界などに提供する。DNPは、7月5日から7日まで東京ビッグサイトで開かれる「第25回インターフェックスジャパン[医薬品][化粧品]製造展」に出展し、CO2削減などに貢献する「DNP環境配慮パッケージング GREEN PACKAGING」、環境関連サービス、RFID(ICタグ)や二次元コードを活用した物流管理や偽造防止対策ソリューションなどについて紹介する。

 

近年、サプライチェーン全体でカーボンニュートラルを目指す企業の取り組みが加速している。経済産業省と環境省は2023年5月に、カーボンフットプリントの算定・表示等に関する実践的なガイドを公表し、企業にCO2排出量の可視化の仕組みづくりや情報開示を求めている。しかし、カーボンフットプリント算定に向けたデータ収集やロジック設計には専門のノウハウが必要であり、また、集計・算定の負荷が高いため、現状は、排出の実績値を測定・収集するのではなく、業界平均等のデータから推定する方法が主流となっている。こうした方法では正確な実態を把握しにくく、CO2排出量削減の施策を講じても、効果を算定結果に反映できないといった課題があった。

 

こうした課題の解決に向け、パッケージ製造に関するCO2排出量の算定に長年取り組んできたDNPと、化学業界を中心にカーボンニュートラルを支援してきた長瀬産業は、両社の強みを掛け合わせ、ライフサイクル全体のカーボンフットプリントを算定するコンサルティングサービスを提供する。

 

①企業の自立的な算定を支援

製品のカーボンフットプリントを算定するために必要な、データの収集方法や算定ロジックの確立など、内容物からパッケージまで企業が自立して算定できるよう支援する。

②企業のCO2削減の取り組みなども反映させた精度の高い製品カーボンフットプリントの算定

両社が保有する「CO2排出係数」を用いた算出方法によって、内容物からパッケージまで含めた製品全体の、より正確なカーボンフットプリントの算定を実現する。企業のCO削減の取り組みによる削減量を算定結果に反映するとともに、削減効果の高い取り組みの把握なども可能になる。

 

サービスイメージ

サービスイメージ

 

 DNPは、パッケージのライフサイクル全体のCO2排出量について、一般社団法人サステナブル経営推進機構(SuMPO)に承認された算定結果を提供する「DNPライフサイクルCO2認証システム CO2算定サービス」を提供している。2022年10月には、環境配慮デザインチーム「DNP GREEN PARTNER」を立ち上げ、環境問題を解決する企業・団体の取り組みを総合的に支援している。今回もこれらのノウハウを活用し、サプライチェーン全体でCO2排出量の削減に貢献する。

 

「DNPライフサイクルCO2認証システム CO2算定サービス」について

https://www.dnp.co.jp/biz/solution/products/detail/10162993_1567.html

「DNP GREEN PARTNER」についてhttps://www.dnp.co.jp/biz/theme/dgp_biz/

 

長瀬産業は、カーボンニュートラル実現に向け、化学系専門商社として培ったネットワークやノウハウを活かし、サプライヤーや顧客企業などサプライチェーン全体のCO2排出量の可視化・削減支援を進めている。金融機関との共同の取り組みとしてモデル事例にも採択された「サステナビリティ・リンク・ローン・フレームワーク」や国内外のイニシアチブへの参画、CO2排出量算定ツールやデータ連携サービスを活用し、化学品メーカーのほか、塗料・化粧品・アパレル・スポーツ用品・出版・印刷・繊維・半導体関連装置等の幅広い業界の脱炭素経営を支援してきた。今回も、化学業界およびグローバルでのネットワークを活かし、さまざまな提案とサービスの充実を加速していく。

 

両社は同コンサルティングサービスを通して、企業とともに、製品のライフサイクル全体でのカーボンニュートラル実現に向けたさまざまな改善に取り組んでいく。

 

25回インターフェックスジャパン:https://www.interphex.jp/tokyo/ja-jp/about/ipj.html

 

PAGE TOP