2023年04月10日

一般社団法人日本WPA(日本水なし印刷協会:奥継雄会長)は4月6日、第72回定例理事会をオンラインで開催した。

今回の理事会では、同会および水なし印刷の新キャッチコピーとして「このポスター、工程まで美しい。」という作品を選出したことを受けて、水なし印刷の宣伝手法のひとつとなるような、このキャッチコピーを使ったビジュアル作品を同会会員から募集することを決めた。

 

s-DSC_1523-e1678695288275同会では日本最大級の広告賞「第60回宣伝会議賞」に課題協賛して水なし印刷の新たなキャッチコピーを公募し、応募総数1万796点の中から、「ことばやさん」を運営するコピーライターの長井謙氏の作品「このポスター、工程まで美しい。」を選出した。

同会ではこのキャッチコピーを活用した、水なし印刷の有用性をアピールする宣伝活動を展開していく方針で、そのひとつとしてこのキャッチコピーのビジュアル化をしていく。

具体的には、会員各社において自社の宣伝物をこのキャッチコピーを使って製作してもらい、その印刷製品などでビジュアル化されたものを応募してもらう形となる。

 

キャッチコピーのビジュアルの応募は6月1日から開始し、キャッチコピーの作者である長井氏にも審査員に加わってもらい、来年春頃に優秀作を選出する予定。

また、印刷物をわかりやすく象徴する言葉としてキャッチコピーには「ポスター」が使われているが、この部分に関しては「名刺」「カタログ」「印刷物」「印刷会社」など、用途に応じて柔軟に変更することについて、作者からの許諾が得られている。

 

同会の奥会長は「このキャッチコピーを活用して、さまざまな印刷物を製作・発注をするみなさまに製作工程における環境負荷軽減という部分にまで意識を持っていただけるよう、宣伝・広報をしていきたい」と語った。

なお、優秀作に選ばれたビジュアルについては、同会ホームページのトップページおよびSNSのプロフィールの画像として使用されるほか、同会会員内で共有・相互使用できるようにしていく方針も示された。

 

【関連記事】 日本WPA、新しい水なし印刷のキャッチコピーが決定 「このポスター、工程まで美しい。」

 

 

 

 

PAGE TOP