2023年03月14日

s-DSC_1523-e1678695288275一般社団法人日本WPA(日本水なし印刷協会:奥継雄会長)は、日本最大級の広告賞「第60回宣伝会議賞」に課題協賛し、協賛企業賞を決定した。

応募総数1万796点の中から水なし印刷の新しいキャッチコピーとなる協賛企業賞に選んだ作品は、「このポスター、工程まで美しい。」となる。

 

水なし印刷の新しいキャッチコピーとなる今回の募集テーマは「水なし印刷の普及が多様な社会課題の解決に結びつくことを広く知ってもらうためのアイデア」。

水なし印刷は、日本で発行されている企業の統合報告書などで約半数が水なし印刷指定になっていること、そして印刷でのカーボンオフセットの総量が9000㌧に迫っていることなど、印刷業界内においては環境面でのメリットについて広く理解が得ている。

しかしながら、印刷関係者以外の一般消費者への浸透は十分とは言えないことから、同会ではさらなる浸透と理解を得るために新しくキャッチコピーなどを募集した。

 

長井氏

長井氏

このキャッチコピー内にある「工程まで美しい」という言葉が、環境配慮に貢献する水なし印刷を端的に見事に表現できていたことが選定の理由。

このキャッチコピーでは印刷物をわかりやすく象徴する言葉として「ポスター」を選んでいるが、もし対象の印刷物がパンフレットなら「このパンフレット、工程まで美しい。」、もしリーフレットなら「このリーフレット、工程まで美しい。」など、同会では応用して使用することも想定している。

 

この作品の制作者はコピーライターの長井謙氏で、「ことばやさん」を運営している。

同会では、このキャッチコピー「このポスター、工程まで美しい。」を核にした宣伝活動、そして「工程まで美しい。」にふさわしい新たな活動を展開していく。

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP