2023年03月01日

東洋インキ㈱(本社・東京都中央区、柳正人社長)は4月1日出荷分から、油性オフセットインキ、UV硬化型インキ、スクリーンインキについて価格改定することを決めた。

 

2022年4月に行った価格改定の後も、電気・ガスなどの製造に関わるエネルギーコストの上昇が続いているほか、主原料価格についても原油価格の上昇や世界的なインフレーションの影響によって高止まりしている。

また、物流コストや容器など副資材についても上昇が続き、現在も収束の見込みが立っていないことから、再度の価格改定をする判断にいたった。

 

価格改定幅は次のとおり。

▽オフセット輪転インキ=100円以上/㌔㌘

▽オフセット枚葉インキ=150円以上/㌔㌘

▽オフセット新聞インキ=100円以上/㌔㌘

▽UVインキ=200円以上/㌔㌘

▽スクリーンインキ=15%以上

※調色、中間色、特殊、フォーム、添加剤などについては製品ごとに改定幅が異なる。

 

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP