2015年07月17日

三菱製紙㈱は7 月22~24日に東京ビッグサイトで開催される新聞製作技術展「JANPS2015」で、新聞用サーマルCTPプレート環境関連製品などを出展する。

 

 

▽新聞用サーマルCTPプレート「PD-News Ver.5」、新聞用水版「PD-News BLK」

ドットゲインを従来よりもさらに抑制し、リニアな網点再現性でシャープな画像を形成する。

高精細AMやFMスクリーニングにも対応。

画像膜のアルカリ膨潤耐性(膜強度)を強化し、現像条件の振れに対する刷版品質の安定性が向上している。

 

▽新聞印刷用途向け産業用インクジェット用紙「プレミアIJニュース」

ハイスピードフルカラーインクジェット印刷機に対応した、新聞印刷用途向け産業用インクジェット用紙。

49.8㌘/平方㍍で、高級新聞紙の風合いを備えながら、高速インクジェット印刷適性と新聞折りに対応した後加工適性を兼ね備えている。

低坪量の設計にも関わらず高い不透明度と発色濃度・色域を持ち、デジタルを活用した新聞印刷の新たな可能性を強く訴求できる。

 

▽新聞用インクジェットプルーフメディア「NS80」

JapanColorに近似させた色相を持ち、新聞紙に近い風合いを持たせた普通紙タイプのインクジェットプルーフ用紙。

染料インク・顔料インクの両者に対応するFSC森林認証取得製品。

 

▽環境改善商品「水溶性廃液処理装置フレンドリー・再生水再利用装置」

現像廃液だけでなく、輪転機の湿し水などの水溶性廃棄物の処理可能な廃液処理装置並びに廃液削減処理時に分離生成した再生水の再利用装置を、運用中のユーザー事例として映像で紹介。

 

▽参考出展として、新聞社向けに開発中の「プロセスレスプレート」をパネル展示する。

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP