2015年07月13日

IGAS ぽs田―国際総合印刷機材展IGAS2015が9月11~16日、東京・有明の東京ビッグサイトで開催される。統一テーマは「Print+innovation~プリントテクノロジーのさらなる挑戦」。印刷機材の展示や100本以上のイベントで印刷メディアの最新技術と可能性を展望する。主催は印刷機材団体協議会。
IGASはドルッパ(ドイツ)、プリント(アメリカ)、IPEX(イギリス)とならぶ4大国際印刷機材展の1つ。前回のIGAS2011でも327社が出展、約7万3000人が来場した。

 

機材の展示のみならず、5000人規模で行う会場見学ツアーや、会場の中央で見落とされがちな小規模出展にもスポットを当てるライブスタジオを設け、来場者が全体から細部までを体験できるようにする。3Dプリンター、PE(プリンテッドエレクトロニクス)、インクジェットなどの次世代技術や新しいカテゴリーのプレゼンテーションの場も設ける。

 

海外来場者に対しては英語、中国、韓国はもちろん、インドネシア、タイ、マレーシアなどの東南アジア各国にもPRと応対の体制を整え、アジアでの国際印刷機材展の位置を確かなものにする。

 

 

タグ: >

PAGE TOP