2015年07月01日

凸版印刷が運営する国内最大級の電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」は、日本の主婦を応援する「出産・育児・子育て支援」Projectを、2015年7月1日から開始した。

 

日本経済の成長に向けて、「女性の活躍推進」が掲げられ、15年4月には「子ども・子育て支援新制度」が本格施行し、子育て支援を中心に女性を応援する機運が高まりつつある。
そこで、01年8月のサービス開始以来、日本の主婦を応援してきた「Shufoo!」では、20歳~59歳の既婚女性800人に主婦の支援活動に関する調査を実施。その結果、主婦の約3人に2人が他の人を支援する活動に興味を持っている一方、これまで社会貢献活動への経験がない主婦の約9割が「参加の仕方が分からない」と回答していることが判明した。また、自身が出産・育児・子育てをする中で、誰かの助けを借りたいと思った子持ち主婦は約9割いることがわかった。その上で、主婦が社会貢献で最も支援したいカテゴリーは「出産・育児・子育て」との回答が得られた。

 

この結果を受けて、電子チラシで買い物を応援してきた「Shufoo!」では、もっと主婦を応援するための取り組みの第1弾として、ソーシャルグッドプラットフォーム「gooddo(グッドゥー)」と連携し、「出産・育児・子育て支援」Projectを開始。出産・育児・子育てで誰かの助けを借りたい主婦と、社会貢献活動として出産・育児・子育ての支援をしたい主婦を応援。「Shufoo!」は、「Shufoo!」ユーザーが「Shufoo!」で買い物情報を閲覧して貯まる「シュフーポイント」50ポイントを出産・育児・子育てに関わる団体への支援金50円として活用できる機会を提供する。

「gooddo」のサイト内では「シュフーチラシアプリ」のダウンロードで「gooddo」内の出産・育児・子育てに関わる約100団体へ支援を行える機会も提供する。

 

凸版印刷は、社員が仕事と子育てを両立できる働きやすい環境づくりに取り組んでいる。

「Shufoo!」は、今後も主婦を応援するさまざまな取り組みを行っていくことにより、さらに主婦に役立つサービスへ進化していく。

 

Shufoo! 「出産・育児・子育て支援」Project 第1弾の応募期間は、7月1日から29日まで。
対象団体は、「フローレンス」(「子育てと仕事、そして自己実現のすべてに、誰もが挑戦できるしなやかで躍動的な社会」を目指し、病児保育、小規模保育、障害児保育等の事業を通じて、親子の笑顔をさまたげる社会問題を解決する)、「ぱぱとままになるまえに」(「妊娠したときに、“ちゃんと”よろこべる社会をつくる。」ために、結婚や妊娠前の若者を対象にしたイベントや講座、Webサイトの運営等を行っている)。
次回以降の対象団体(予定)は「マドレボニータ」ほか。

 

 

「Shufoo!」は、凸版印刷が01年8月から運営を開始し、20-40代の女性を中心に利用されている国内最大級の電子チラシサービス。大手流通各社、地域主力スーパーなど約3000法人、約10万4000店舗が参加。PV数は月間2億1130万、ユニークユーザー数は月間690万(15年5月31日現在)。チラシの閲覧回数や閲覧部分のデータを収集・分析するマーケティング機能も備える。また、生活者は、PCに加え、携帯電話やデジタルテレビ、拡大するスマートフォンやタブレット端末などさまざまなデバイスから日本全国の電子チラシを閲覧することができる。

 

http://www.shufoo.net/pntweb/shufooPointPR.php

 

 

PAGE TOP